仙台市で「むち打ち」にお悩みの方へ。袋原接骨院は、むち打ち等交通事故の症状、重いだるさ・眩暈・倦怠感などに効果のある施術をおこないます。

事故にあったらすべき事

交通事故に遭てしまった後、特に外傷がなくても必ず医療機関で検査を受けるようにしましょう!

事故現場でまずすべきことは、安否確認、被害者救護措置など人命の救助を最優先して行います。 その後、保険の手続きや病院で診断を受けますが、病院へ行ってもその後の治療を疎かにしてしまう人もいるようです。 大きな怪我だと治そうと治療に積極的になりますが、大したことがない怪我や体の不調だと仕事や学業を優先して治療を後回しにしてしまうのです。

交通事故の怪我は大小関わらず後遺症になる危険性があります。 交通事故にあってしまった際は、ご自身の体の異変にも配慮してください。

交通事故に遭ってしまった時の対処

損害賠償の話は治療の後です
治療のあと交通事故直後に示談交渉でお金の話は進めてはいけません。お金の話は治療が全て終わってからで、 その治療費が明確になってから行うようにして下さい。もちろん署名や捺印もそのタイミングで行ってはいけません。 安易に加害者と被害者のみの間で契約を交わしてしまうと、被害者側で大損してしまうケースだってあるのです。 ですから、その場で示談交渉を求められても絶対に応じてはいけません。
2.病院で精密検査を受ける
精密検査交通事故直後は脳が興奮状態にある為、痛みをほぼ感じない事があります。しかし、どんな状況にせよ病院には必ず行き、 精密検査を受けるようにして下さい。むち打ちなどの症状は後日発生することもあり、放っておくと徐々に強い痛みを伴うケースもあります。 強い衝撃のせいで脳に何らかの異常が生じてしまう場合もあります。事故に遭ったら、一刻も早く精密検査を受けて下さい。 尚、検査費は自賠責保険から支払われるので、お金の面を気にする心配はありません。
3.保険会社に連絡
保険会社に連絡交通事故後に保険会社に連絡することを覚えておきましょう。事故現場で警察が次どうすればいいか手順を教えてくれることもありますが、 現場検証や事故証明書の発行だけで次どうすればいいか教えて貰えない事もあります。 保険で確実な治療を受ける為にも、交通事故後は何処に連絡すればいいかというのを明確にしておきましょう。 どこの病院を使うか、病院を変える場合なども保険会社とのコンタクトは必要です。 特に病院を変えた場合に保険会社に連絡しなかった場合は保険が下りない可能性もありますので注意しましょう。
4.警察に連絡
警察に連絡これは当然のことかも知れませんが、どんな小さい交通事故でも、交通事故が発生したら警察に連絡をし、 現場検証や事故証明書の発行を行って貰います。被害者や加害者が次にどうすればいいかわからない場合も、 聞けば現場で指示してくれます。特に事故証明書は、保険会社に保険金を請求するための大事な書類になりますので、 警察に連絡することは忘れないで下さい。強引な示談の申し立てにも効果的です。
5.加害者の情報も得ておきましょう
加害者交通事故後、加害者とのやり取りを行ってくれるのは、基本は保険会社です。 しかし、初めて保険会社に連絡した際に、加害者の情報を求められることもあります。 そんな時の為に、加害者の氏名や住所、電話番号はもちろんのこと、車種やナンバー、会社の所在、会社の電話番号まで聞いておくことが大切です。 更に相手の免許証や自賠責保険などは携帯カメラで撮影しておくといいでしょう。とにかく、相手に対する情報収集も怠らないようにして下さい。
6.領収書は取っておく
病院代やそこに掛かった移動費などを証明できる領収書は、後で請求することができるので大切な書類となります。 取っておくようにしましょう。
7.目撃者の連絡先
目撃者加害者の連絡先だけでなく、目撃者が居たらその方の連絡先を聞いておく事をお勧しめます。 目撃証言は後々何らかの形でトラブルが生じてしまった際、真実を知るための有力な手がかりとなります。 目撃者や事故の証人になってくれそうな人の氏名や連絡先は聞いておきましょう。 尚、現場の様子も出来ればムービー写メールなどで一通り保存し、交通事故後の衣類や事故車も保管しておくと良いでしょう。

めんどくさい通院、それでも交通事故治療に通いましょう

交通事故に遭ったら病院に通わなければなりません。
これは本当に面倒だし、特に働いている方はなかなか病院に行く時間が取れず、通院もおろそかになりがちです。 しかし、通院はおろそかにしてはなりません。
今、あなたが生きていく上での土台は、「体が健康であること」に尽きるはずです。仕事も遊びも何をするにも、先ずは五体満足の身体があってこそです。そう考えれば、通院の必要性はわかってくる筈です。 特に回復しかけている段階で安心してしまい、痛みが無くなったと同時に通院をやめてしまう方も居ますが、これは良くありません。
まだ完治していないうちに通院を辞めてしまうと症状が再発してしまう恐れもあるからです。肩こりや頭痛やだるさに見舞われてしまうこともあります。
通院したら、【治すまで通い続ける】事が大事です。通院中は辛いかも知れませんが、途中で行かなくなるのと、きちんと完治させること、将来的に見ればどちらが大切かわかるはずです。

仙台市・交通事故治療のご相談はこちら

0120-56-2968/メールフォーム

..